オードムーゲ薬用ローションの効果

オードムーゲ薬用ローションは「ふき取り化粧水(ブースター)」です。蓄積した汚れや不要な皮脂を取り除きます。殺菌効果で肌を清潔に保ち、ニキビの原因となるアクネ菌や雑菌を殺菌します。また、抗炎症作用もあるため、繰り返す肌荒れや日焼け、ニキビの炎症を抑えます。

具体的にはニキビ防止や肌荒れ、肌を整えることに効果があります。また、顔だけでなく体中に使用することができ、背中ニキビやあせも、ひじやかかとの黒ずみなどどこにでも使用可能です。

 

男性であれば髭剃り後のローションとして使用できます。髭剃りによる皮膚の炎症を抑えて肌を整えてくれます。また、カミソリやシェーバーの刃には多くの雑菌が付着していると言われています。髭剃りでついてしまった菌をオードムーゲ薬用ローションが殺菌してくれます。ただし、カミソリでできてしまった傷などには使うことができないため注意が必要です。

オードムーゲ薬用ローションと化粧水の違いって何?

オードムーゲ薬用ローションはふき取り用化粧水です。「化粧水」という名前がついていますが、保湿を目的とする化粧水ではありません。余分な皮脂や汚れをふき取ることで肌を正常に保つだけでなく、肌を柔らかくして化粧水の浸透を良くすることを目的としたローションです。

ふき取り化粧水は保湿を目的としたものでないことが多いです。オードムーゲ薬用ローションも保湿成分は入っていますが、基本的に使用後に化粧水などの保湿剤が必要です。オードムーゲ薬用ローションをニキビ防止のために使用する人も多いと思いますが、乾燥によってニキビや肌荒れが悪化してしまう可能性もあるため、オードムーゲ薬用ローションと保湿はセットで行うことをおすすめします。

 

オードムーゲ薬用ローションの成分について

オードムーゲ薬用ローションの有効成分は2つです。

1つ目は「イソプロピルメチルフェノール」という殺菌成分です。ニキビの元となるアクネ菌や雑菌を取り除いてくれるため、オードムーゲのふき取り化粧水はニキビに効果があります。

また、イソプロピルメチルフェノールはニオイの元となる雑菌の繁殖を阻止してくれるため、石けんやボディーソープにもよく使われる成分です。体臭の原因は放置した皮脂や汗を、皮膚の常在菌が分解し、ニオイを放つためです。皮脂量が多く体臭が出やすい首回りや脇などに使うことで、ニオイの元となる雑菌の繁殖を抑えられます。

 

2つ目は抗炎症作用がある「グリチルリチン酸二カリウム」です。炎症を起こしたニキビや吹き出物、日焼けなどで炎症がみられる場合に有効な成分です。グリチルリチン酸二カリウムは炎症を鎮めるのを助けてくれるため、炎症を繰り返す肌荒れなどにも効果があるとされています。

 

ただし、傷がある場合は治ってから使用するようにしましょう。また、粘膜にも使用不可です。目の周辺はデリケートなので、オードムーゲ薬用ローションで念入りにお手入れしたい方もいるかもしれませんが、目に入らないよう注意が必要です。

 

そのほか配合されているのは、肌に残った皮脂や汚れをうかして取り除きやすくする「エタノール」です。肌の引き締めや、使用後の清涼感にも関係しています。ただし、エタノールはアルコールです。アルコールで肌荒れしてしまう方には、オードムーゲ薬用ローションを使用しないことをおすすめします。ほかには肌に潤いを与えてくれる「グリセリン」や香りを付ける「香料」が使用されています。

 

敏感肌の人はアルコールや添加物の香料が肌に合わず、赤みが出たりやかゆみなどの反応が出てしまうことがあります。体や顔の目立たないところで何度か使用した後、本格的に使用を開始することをおすすめします。

オードムーゲ薬用ローションはどこで売っているの?

オードムーゲ薬用ローションは医薬部外品という扱いです。医薬部外品の化粧品は販売するために特別な許可が必要ないため、化粧品を扱うドラッグストア、薬局、バラエティショップなどで購入可能です。

ニキビや肌荒れ、あせもなど、使用用途が広く、ニキビで悩む10代からお年寄りまで使いやすいため、こぢんまりとした薬局で販売していることも多いです。お店の前にオードムーゲを販売していることを示す旗が立っていることも多いので、注意してみてみましょう。もちろん、Amazon・楽天などのネット通販でも購入可能です。

オードムーゲ薬用ローションの容量は160ml500mlがあります。顔のニキビや肌荒れに使う場合、成分が合わずあまり効果を感じられない人もいるようです。初めて買う方や、季節限定で使いたい方、使う頻度が少ない方は160mlの購入をおすすめします。160mlは税抜き1000円以下で購入できるためトライしやすいニキビケア用品です。

 

オードムーゲシリーズは薬用ローションが有名ですが、実は化粧水など保湿・洗顔のラインナップも豊富です。保湿化粧水やスキンミルク、スキンクリームなど、保湿もオードムーゲシリーズでそろえることができます。ニキビ予防には欠かせない洗顔料やメイク落としも販売されています。

 

小さな薬局や商品の陳列面積が少ない店舗では品揃えしておらず、欲しいときに購入できないこともあります。「オードムーゲシリーズのスキンケアをすべて使いたい」という方は、品ぞろえの良い大型店へ行ったり、在庫切れが少ないネットショップでの購入が便利かもしれません。

 

 オードムーゲ薬用ローションの使い方 基本編

オードムーゲ薬用ローションの基本の使い方は一般的なふき取り用化粧水と同様にクレンジングと洗顔をした後に使用します。コットンにたっぷりとローションをしみ込ませ、なじませるように優しくふき取ります。この時、注意しなければならないのは摩擦で肌を傷つけないようにすることです。

そのためにはひたひたになるくらいコットンにローションをしみ込ませ、優しくふき取る必要があります。顔をふき取った後、コットンにローションが残っているようであれば首やデコルテ周辺、耳周りもふき取りましょう。

首周辺はしっかりふき取ることによって、不要な皮脂を除去できます。ニオイの元となる雑菌を除菌もできるため体臭が出るのを防ぐこともできます。また、シャツを着た時に襟首部分が皮脂で黒ずみやすい人は、首回りもしっかりとふき取ることをおすすめします。耳周りは洗い残しがあったり、皮脂が溜まりやすい場所なのでニオイの原因になることがあります。こちらも隅々まで拭きましょう。

 

もちろん背中のニキビやあせもに使用可能です。顔と同様にローションをコットンにひたひたにしみ込ませ優しくふき取りましょう。そのほか角質や黒ずみが気になる場所には粘膜以外どこでも使えます。

 

中にはコットンの摩擦で肌荒れを起こしてしまう人もいます。その場合は手のひらにとり、そのまま顔に付ける方法でも使用可能です。皮脂・角質のふき取りより、殺菌や抗炎症作用の方を期待したい場合はコットンを使わず手のひらから直接つける方法でもよいでしょう。

 

また、オードムーゲ薬用ローションを使用した後は肌の状態を見ながらしっかり保湿することをおすすめします。特に乾燥肌の方は保湿を念入りに行うことをおすすめします。オードムーゲ薬用ローションで不要な皮脂を取り除くと化粧水などが浸透しやすくなり、ふき取り後保湿を行うことでいつもより滑らかな肌を実感できるでしょう。

オードムーゲ薬用ローションの使い方 パック編

オードムーゲ薬用ローションの基本の使い方以外におすすめなのは、ニキビにパックする方法です。部分的な使用ができるので、ニキビだけに使用したい方におすすめです。

炎症を起こしそうな赤ちゃんニキビから、すでに赤く大きくなってしまった吹き出物まで、殺菌成分がニキビの原因菌を殺菌し、抗炎症成分が炎症を沈めてくれます。やり方は通常通りふき取った後のコットンにオードムーゲ薬用ローションを付け足して気になる部分をパックするだけです。パックする時間は指定されていませんが、数分でOKでしょう。

 

ニキビだけピンポイントに狙ってパックしたい場合は、コットンを半分や4分の1にカットして使用するのがおすすめです。コットンが小さい分、少量のローションでたっぷりとしみ込ませることができます。

 

オードムーゲ薬用ローションのニキビの関係

一般的にニキビができるのは、毛穴に汚れや古い角質が溜まることから始まります。そこへアクネ菌などの雑菌が繁殖し、汚れや皮脂が排出されなくなって炎症が起こります。皮脂分泌量が多い1020代は特にニキビができやすいです。

また、ニキビは肌のターンオーバーも関係しています。年齢を重ねることでターンオーバーの周期は長くなります。すると、毛穴に古い角質が詰まりやすくなったり、新しい角質に生まれ変わりにくくなったりします。毛穴に古い角質がつまると大人ニキビの原因になります。また、新しい角質になかなか生まれ変わらずに古い角質が残ったままだと、肌がくすんで見えてしまいます。

 

オードムーゲ薬用ローションを使用することによって古い角質と皮脂を取り除き、毛穴に角質が詰まりにくくなるため、ニキビの予防になります。また、殺菌成分でアクネ菌を退治するためニキビができにくく、ニキビができてしまっても抗炎症作用で炎症を防ぎ悪化しにくいです。

 

オードムーゲ薬用ローションの効果はいつから出るの?

オードムーゲ薬用ローションを使用で感じる効果は、肌質や症状によってかなり個人差があります。口コミやレビューを見る限り、早く効果があると感じたのはすでにニキビができている人や、ニキビ予防に使用しているオイリー肌の人でした。

「オードムーゲ薬用ローションを使用することですでにできてしまったニキビがひどい炎症を起こす前に治る」と、即効性を感じる人もいます。しかし一方で「毎日のスキンケアに取り入れることによってニキビができなくなった」と、しばらくして効果を実感した人も多いようです。

 

ただし、使用した人の中には効果を実感するのに時間がかかった、もしくは1本使い切った後も効果が実感できなかったという人もいます。特に乾燥肌の人は効果を実感しにくいようです。

 

オードムーゲ薬用ローションにはアルコールの「エタノール」が含まれています。エタノールは肌に触れた瞬間に蒸発しますが、その際微量ながら肌の水分も一緒に蒸発させます。そのため、エタノールが含まれる化粧水などを肌に塗ると、スッとした気持ちがいい清涼感を感じられます。エタノールはふき取り化粧水として汚れを浮かすのに一役買ってくれている成分ですが、乾燥肌の人にはメリットより負担の方が大きくなってしまうこともあります。

 

乾燥肌の方の対処法としておすすめなのが、オードムーゲ薬用ローションでふき取りを行った後にしっかり保湿を行うことです。肌表面の余分な角質が除去されるため化粧水が浸透しやすくなっています。余分な角質を除去するため保湿をプラスすることですべすべな潤い肌が実感できるでしょう。

 

もう一つの対処法としておすすめなのが「必要最低限しか塗らない」ことです。ニキビができそうなところのみに使用する、生理前のオイリー肌の時だけ使う、など肌の状態を見極めながら使用するとよいでしょう。

オードムーゲ薬用ローションの使用感

オードムーゲ薬用ローションはさらっとしたテクスチャのふき取り用化粧水です。

わずかに粘度がありますが、コットンに素早く浸透していきほとんど水に近いサラサラ感です。独特な香りがあると感じる人が多いようで、公式では「ほのかなローズ調の香り」となっています。

中には「アルコール独特の香り」「昔の化粧品の香り」などと表現している人も多いため、典型的なローズの香りをイメージしない方が良いかもしれません。

顔や体に塗った後はさっぱりとします。人によって乾燥によるツッパリを感じるようなので、化粧水などで早めの保湿を心がけましょう。

オードムーゲ薬用ローションの良い口コミ・悪い口コミ

オードムーゲ薬用ローションを使ってみた人の口コミをまとめてみました。オードムーゲの原型である商品は50年以上前に発売されており、長年多くの人から親しまれているふき取り用化粧水です。そのため現在では思春期ニキビに悩む世代から、吹き出物に悩む世代まで多くの人に愛用されており、口コミ数も多いです。

〇良い口コミ

・愛用し始めて数年たつが絶対に手放せない。使い始めてからニキビができにくくなり、できてもすぐに鎮静化するので跡も残りにくい。

・全身に使用している。使うと肌が柔らかくなり、化粧水などで保湿すると潤いのある柔らかいお肌になるのでうれしい。首筋などをふき取ると黒ずむので汚れていると実感する。

 

・思春期ニキビにもおとなの吹き出物にも効果があるので助かる。髭剃り後にも使えるので洗面台に置いて家族全員が使っている。

 

40代に入ってから顔のくすみが気になっていたが、ふき取りをしっかりすることで顔色が明るくなった。ざらつきも減ったので使い続けたい。

 

・ふき取りをすると化粧水の浸透が良い気がする。

 

〇悪い口コミ

・使うと乾燥で顔が突っ張ってしまうし、1本使い切っても何の変化もなかった。皮脂量が少ない肌質のせいか、自分には合わなかった。

 

・成分が合わなかったせいか真っ赤になって吹き出物のようなものが出たので中止した。黒ずみが気になる膝小僧やひざ裏、肘などに使ったら問題なかった。

 

口コミを見る限り、オードムーゲ薬用ローションの成分があう人とあわない人の差が激しいように思えました。また、どちらかというとオイリー肌や皮脂分泌量が多めの人の方が効果を実感しやすいようです。ニキビ予防だけでなく、化粧水が浸透しにくいと感じる人や全体的なくすみが気になる人にもおすすめできる、使用用途が広いニキビ予防アイテムといえるでしょう。