ファンケル アクネケア化粧液の効果

ファンケル アクネケア化粧液はニキビに悩む方におすすめのスキンケア用品です。大人ニキビ・思春期ニキビ、どちらのタイプでも使うことができます。また「生理前だけ」「暑い季節だけ」「疲れている時だけ」など、時々できるニキビにお困りの方も使いやすい化粧液です。なぜならアクネケア化粧液は肌バリア機能を高め、ターンオーバーを正常にすることでニキビができにくい肌へと導いてくれる成分が配合されているからです。

ファンケル アクネケア化粧液は徹底的な無添加処方にこだわって作られています。ニキビケア化粧品には、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌するために「殺菌剤」が使われていることが多いです。「殺菌剤」は結果的に肌バリア機能を弱めてしまうことがあるため、アクネケア化粧液には配合されていません。そのため、敏感肌の方も安心して使用することができます。

ファンケル アクネケア化粧液の成分について

アクネケア化粧液の有効成分は「グリチルリチン酸2K(甘草成分誘導体)」です。炎症を抑える目的で化粧品などに配合されることが多く、アクネケア化粧液にも保湿や肌荒れ防止を目的に配合されています。

ファンケルのスキンケア用品は無添加にこだわって作られているものが多く、アクネケア化粧液も例外ではありません。防腐剤や香料・石油系界面活性剤だけでなく、ニキビ用スキンケア用品に配合されていることが多い殺菌剤も不使用です。

 

殺菌剤を使用することなくアクネ菌を退治することができるのか、疑問に思うかもしれません。実際「アクネ菌を退治してニキビを予防する」というよりもアクネケア化粧液は「ニキビができにくい肌を作っていく」ためのスキンケア用品と言えるでしょう。

 

ニキビができにくい肌を作るために「シャクヤク」「トウニン」「ソヨウ」の漢植物エキスが配合されており、肌バリア機能を高め、整えてくれます。ニキビの原因は、過剰分泌された皮脂や角栓が毛穴に詰まることです。アクネケア化粧液には毛穴に詰まった汚れを溶かして落とす酵素エキス「プルーン酵素エキス」が配合されており、古い角質が溜まりにくく、毛穴のつまりを予防します。

 

アクネケア化粧液はニキビ跡をケアする成分も配合されています。「アケビアエキス」はニキビ跡の色素沈着にアプローチする成分です。ニキビ跡の黒ずみはニキビが炎症を起こした跡ですから、しっかりケアしなければシミのような跡になってしまい、完全に消すことができなくなってしまいます。ニキビを作らないことが一番良いですが、ニキビが完治して跡が消えるまで注意してケアを行う必要があるでしょう。

 

ファンケル アクネケア化粧液はどこで売っているの?

アクネケア化粧液を購入する方法は3つです。1つはファンケルの公式オンライン通販で購入することです。ファンケル公式サイトでは購入金額に応じて独自のポイントがつくなど、リピーターにはうれしい特典もあります。また、ファンケルはスキンケア用品以外に化粧品・健康食品・雑貨など、美と健康に関する商品を数多く取り扱っています。定期的にスキンケア用品を買いたい方や、他の商品も一緒に買いたい方は公式通販でポイントをためるとお得に購入できます。

2つめは楽天やAmazonなどのネット通販で購入することです。ファンケルの公式ショップが出店している場合は、安心安全な品質で注文することができるでしょう。3つめはファンケルの直営店に足を運ぶことです。テスターがあればアクネケア化粧液を試すことが出ます。また、店舗によっては専門のカウンセラーが勤務しているため、スキンケアカウンセリングなどのサービスを受けられます。

 

コンビニやドラッグストアにファンケルの商品が取り扱われていることもあります。しかし、アクネケアシリーズを取り扱っている店舗は少ないかもしれません。確実に購入したい場合はネット通販か直営店舗に行って購入するのがベストでしょう。

ファンケル アクネケア化粧液の使い方

ファンケル アクネケア化粧液の使い方は一般的な化粧水とほとんど同じです。洗顔後、適量出して顔全体に優しく伸ばします。手のひら全体を使って優しく顔を抑えハンドプレスしたら化粧液の塗布は完了です。

注意すべきポイントは、アクネケア化粧液は「化粧水」ではないという点です。化粧水は重ね付けしたり、コットンでパッティングすることで肌に浸透させていきます。アクネケア化粧液の1回の使用量目安は100円玉1枚分となっており、一般的な化粧水の使用量より少なく感じるかもしれません。しかし、有効成分が濃縮されているため少量の使用で十分な効果が見込めます。アクネケア化粧液は130日分(30ml)なので、1本を1か月で使い切る程度が目安と考えましょう。

 

ファンケル アクネケア化粧液のニキビの関係

アクネケア化粧液は大きく分けて3つの働きでニキビにアプローチします。1つめは肌のターンオーバーを整えることです。皮膚はターンオーバーによって古い角質を落し、新しい肌へと生まれ変わります。しかし、年齢を重ねるとターンオーバーの周期が長くなり、ストレスや食生活・睡眠の乱れなどちょっとした刺激でターンオーバーが乱れてしまいます。すると古い角質が皮膚にたまりやすくなり、毛穴詰まりの原因になってニキビに発展しやすくなります。

有効成分「甘草成分誘導体(グリチルリチン酸2K)」はターンオーバーを正常に近づけ、ニキビができにくい肌へと導いてくれます。「甘草」とは漢方の1種で炎症を抑える効果があるとされる成分です。「甘草成分誘導体」を配合することでターンオーバーを正常化して肌を生まれ変わらせることで肌荒れしにくく、ニキビのできにくい肌になります。

 

2つ目は古い角質や過剰な皮脂を除去することです。毛穴に古い角質や過剰に分泌された皮脂が詰まることによって角栓やニキビの原因となります。さらにはスキンケア用品を使っても肌に浸透しにくくなってしまい、健康な肌に比べて有効成分の吸収が悪くなります。アクネケア化粧液に配合されている「プルーン酵素エキス」は厚くなってしまった古い角層に働きかけ、角栓などの汚れを溶かしだすことでニキビの原因となる毛穴の汚れを除去します。

 

3つ目は肌バリア機能を高めることで、ニキビにアプローチします。乾燥や外部の刺激を受けてバリア機能が落ちてしまうと、肌トラブルへと発展します。ニキビだけでなく、湿疹やかゆみなどを定期的に繰り返している場合は、肌バリアの低下が原因かもしれません。

 

「シャクヤク」「トウニン」「ソヨウ」の3つの成分を組み合わせた、ファンケル独自の「漢植物エキス」がバリア機能を整え、ニキビを抑えます。また、それだけではなくニキビができにくい肌へ整えてくれるため、殺菌剤などで一時的にニキビを抑えるのではなく、長期的に肌トラブルが起きにくい肌へと導いてくれます。

 

ファンケル アクネケア化粧液の効果はいつから出るの?

ニキビへの効果の感じ方は個人差がありますが、アクネケア化粧液は使い始めてから割と早い時期から効果を実感する人が多いようです。すでにできてしまったニキビ肌に1~2か月使用したことでニキビが鎮静化した、という口コミが目立ちました。

そのほか「生理前にできていたニキビができなくなった」「ぶつぶつのないつるんとした肌に近づいている」とニキビ予防の効果を実感している人も多いようです。

アクネケア化粧液はニキビが治った後でもしばらく使い続けることを推奨されています。大人ニキビは周期的に繰り返しやすい特徴があり「毎回同じ場所にニできる大人ニキビ」の場合は特にニキビができやすい状態になっていると言えるでしょう。アクネケア化粧液を使い続けることで、ニキビができにくい滑らかな肌へと変化していくのが実感できます。

 

ファンケル アクネケア化粧液は肌のバリア機能を高めることを徹底的に配慮して作られたニキビケア用品です。その配慮からニキビケア用品によく配合されている殺菌剤などを使うことなく、ニキビを抑えながらニキビのできにくい肌へと導きます。無添加にこだわったものなので安心して長期間使用できます。

 

ただし気を付けたいのが乾燥肌の方です。化粧液の中には保湿成分も含まれており、十分な潤いを感じられる人も多いです。しかし、ひどい乾燥肌の方や空気が乾燥する冬の間は、潤いを十分に感じられないこともあるようです。アクネケア化粧液はどちらかというとさっぱりとしたタイプの化粧液です。また、化粧水とは異なりたっぷりと重ね付けしたりするものではありません。

 

アクネケア化粧液で乾燥を感じてしまう方におすすめしたい対処法は、ファンケル アクネケアシリーズをライン使いすることです。ファンケルのアクネケアシリーズは「洗顔クリーム・化粧液・ジェル乳液・エッセンス」があります。すべて使用することでニキビを「防ぐ・抑える・ニキビ跡のケア」をトータルで行うことができます。

 

化粧液で保湿が足りない方はジェル乳液を使用することで、ニキビケアを行いながら潤いをプラスすることができます。アクネケアシリーズにおいて殺菌剤はすべて使用されていませんので、肌バリアを安定させながらスキンケアをすることが可能です。

 

ファンケル アクネケア化粧液はどんな人に効果が出やすい?

同じニキビでも、思春期にできるニキビと、大人のニキビは原因が異なります。しかしファンケル アクネケア化粧液は思春期ニキビ・大人ニキビ両方に効果があるため、年齢に関係なくニキビにお困りの人は使うことができます。

思春期ニキビは成長期のホルモンバランスによる過剰な皮脂分泌が原因になっていることが多いです。皮脂分泌量が多い額など、Tゾーンにできることが多いです。過剰に分泌された皮脂と古い角質が毛穴を詰まらせ、アクネ菌が増えることでニキビへとつながります。

 

一方大人ニキビも過剰な皮脂と角質で毛穴が詰まりニキビができるのは同じです。しかし、外部からの刺激や乾燥などにより肌バリアが低下している悪循環に陥っていることが多く、生理周期によって同じ場所にニキビができたり、ニキビがなかなか治らないなどの症状がみられます。さらに、ターンオーバーの乱れや、加齢によってターンオーバーの周期が長くなることも原因の一つと言えるでしょう。口回りのUゾーンにニキビができやすいのも特徴的です。

 

アクネケア化粧液の効果を実感しやすいのは外的な刺激で肌バリアが低下して、ニキビや肌荒れの悪循環に陥ってしまっている人です。一般的なニキビケア用品はアクネ菌を殺菌する殺菌剤や、肌の刺激になってしまう添加物が使われていることも多いです。殺菌剤は確かにアクネ菌を殺菌してニキビを直してくれますが、ニキビ以外の肌に作用してしまう可能性も高いです。

 

ファンケルは防腐剤や香料、紫外線吸収剤を使用していない無添加処方です。またアクネケアシリーズにおいては殺菌剤を使用していません。これらはすべて肌のバリア機能低下させることを防ぎ、強くしていくための処方です。そのため、ファンケル アクネケア化粧液は使うほどにニキビができにくい肌へと導いてくれるのです。

 

ファンケル アクネケア化粧液の良い口コミ

・使用し始めて数日でニキビの赤みが消え、ニキビが収まってきているように感じる。このまま継続して使用していきたい。

 

・開封後60日以内、製造から1年以内に使い切るよう記載がある。化粧品にも消費期限があると聞いていたので、はっきりした使用期限がわかって安心して使える。

 

・たまにニキビができるとなかなか治らなかったが、アクネケア化粧液と同シリーズを使い始めてからニキビができにくく、治りも早くなった。

 

・敏感肌とニキビに困っていたが、このスキンケアは大丈夫だった。長期間リピートして使い続けているが、ニキビができにくく肌荒れをしにくくなったと実感しているため手放せない。

 

・病院で出されるニキビの薬はきつすぎて使いたくなかった。こちらの化粧液は殺菌剤が入っていないということで使っている。効果は緩やかだが、成分が優しいのでしばらく使いたい。

 

アクネケア化粧液を使用している人の口コミで目立ったのが、ニキビ予防の効果です。使用することで、生理前などに定期的にできていたニキビができにくくなったという声が目立ちました。また、中学生から高校生くらいの思春期ニキビも数か月使い続けることでニキビができにくくなった、ましになったと感じる人が多いようです。肌本来のバリア機能を高めることに着目した、無添加処方・殺菌剤不使用の成分配合が気に入って使っている人も多いです。

 

ファンケル アクネケア化粧液の悪い口コミ

・ニキビに悩んでいるが乾燥肌なので、使用感がさっぱりとしすぎだと感じた。記載されていた目安量の2倍付けていたが、ダメだった。

 

・しばらく使用したが、効果を感じられなかった。化粧液の1回の使用量は100円玉くらいを手のひらに出して使うのが目安量だが、少なくて不安になった。

 

・アクネケア化粧液の後にジェル乳液を使用しないと乾燥する。両方使えればよいが、コスパが悪いし、他にもっと良い商品があると感じたのでリピートはなし。

 

・生理前に出るニキビ対策に買ったが、効果はいまいちだった。口まわりにぽつぽつできる程度なので、薬局で買った薬を使ったらすぐ効果が出た。無添加処方が良かったのか、敏感肌なのに肌荒れはしなかった。

 

悪い口コミの中で目立ったのは、アクネケア化粧液では肌のツッパリや乾燥を感じてしまった、というものです。アクネケア化粧液はさっぱりとした使用感で、使用の目安量も一般的な化粧水に比べて少なく感じるかもしれません。しかし有効成分をぎゅっと濃縮した化粧液なので少量で効果を見込めます。

 

アクネケア化粧液を使用して乾燥を感じる方におすすめしたいのは、ファンケル アクネケアシリーズをライン使いすることです。特に、アクネケア化粧液の後に使用するジェル乳液を使うことで乾燥することなくニキビケアを行うことができる、と感じる人も多いです。

 

ファンケル アクネケアシリーズの「化粧液・ジェル乳液」がセットになったトライアルセットが発売されています。1か月分をトライアル価格でお試しできるため、初めて購入する方はトライアルセットで使い心地を試してみてもよいでしょう。